4月02日(月)

試合種別:春季リーグ戦

桜美林大学戦

試合カテゴリー:
試合年度:

バッティングパレス相石スタジアムひらつか

プレーボール:14:30〜

スコア/Score

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H
桜美大 0 0 0 0 0 0 3 0 0 3 6
日体大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6

途中で切れる場合は、左右にスワイプして表示できます。

スターティングメンバー/Starting

先発投手東妻 勇輔()智辯学園和歌山高校
1 上西 嵐満()宇部鴻城高校
2 大木 惇司()東福岡高校
3 船山 貴大()日本大学第三高校
4 髙垣 鋭次()智辯学園和歌山高校
5 有住 隆哉()明秀学園日立高校
6 DH 中村 誠()大阪桐蔭高校
7 宮木 紳道()日本大学第三高校
8 松下 雄大()明石商業高校
9 馬場 龍星()八戸学院光星高校


メンバー詳細は選手名をクリック。
(打順/ポジション/名前)

バッテリー/Battery

東妻、森、北山ー馬場

安打/Hitting

2塁打:宮木、船山

3塁打:

本塁打:

交代メンバー/Substitution

[7表]P東妻→森

[9表]P森→北山

[9裏]⑥中村誠→(H)石田

⑧松下→(H)中田

レポート/Report

昨日の開幕戦を見事勝利で飾った日体大。
勝ち点獲得に向けて桜美林大との第2戦に臨む。
日体大の先発マウンドにあがったのは今秋のドラフト候補でWエースの一角の東妻。
2回裏日体大は5番有住のヒットなどで二死ながらランナー3塁のチャンスを作るも7番宮木が中飛に倒れ得点をあげる事が出来ない。
5回裏には7番宮木のツーベースと8番松下の失策出塁で2死ながら1.3塁のチャンスを作るも9番馬場が右飛に倒れまたしても先制点をあげることはできない。
6回裏にも2死から船山のツーベース、髙垣、有住の連続四球で2死満塁のビッグチャンスを作るも得点には至らない。
先発東妻はランナーを背負ってからも粘り強いピッチングで桜美林打線を6回まで0点に抑える。
しかし7回表2死満塁から8番山本司に走者一掃のタイムリースリーベースをあび0-3と先制を許す。
その後も桜美林大の投手陣を打ち崩せず完封負けで勝ち点獲得は明日の3戦目次第となった。

試合カテゴリー/Games Category

年度/Year

最新の試合結果 他/Game Result etc

7月13日(土)

慶應義塾 7 - 5 日体大

© Nippon Sport Science University Baseball Club