4月03日(火)

試合種別:春季リーグ戦

桜美林大学戦

試合カテゴリー:
試合年度:

バッティングパレス相石スタジアムひらつか

プレーボール:13:00〜

スコア/Score

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H
日体大 0 0 0 1 0 0 2 0 1 4 11
桜美大 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 6

途中で切れる場合は、左右にスワイプして表示できます。

スターティングメンバー/Starting

先発投手松本 航()明石商業高校
1 上西 嵐満()宇部鴻城高校
2 宮木 紳道()日本大学第三高校
3 船山 貴大()日本大学第三高校
4
5 DH 中田 祐貴()大宮東高校
6 髙垣 鋭次()智辯学園和歌山高校
7 大木 惇司()東福岡高校
8 馬場 龍星()八戸学院光星高校
9 松下 雄大()明石商業高校


メンバー詳細は選手名をクリック。
(打順/ポジション/名前)

バッテリー/Battery

松本航、吉田ー馬場

安打/Hitting

2塁打:エドポロ、宮木

3塁打:

本塁打:

交代メンバー/Substitution

[9表]④エドポロ→(R)森岡

[9裏](R)森岡→(左)中村友

P松本航→吉田

レポート/Report

1勝1敗で迎えた桜美林大との第3戦。
勝ち点獲得の為、負けられない1戦。
1回表日体大は3番船山の二塁内野安打4番ジョセフの四球で2死ながら1.2塁のチャンスを作るも5番中田が二塁ゴロに倒れ無得点。
その裏、日体大のマウンドには一昨日7回を投げ勝ち投手になった松本航が中1日であがる。
松本は1回裏打者3人を2奪三振にきる上々の滑り出し。
2回表日体大は2死から8番馬場が右前安で出塁すると9番の松下が四球選び初回と同じく2死1.2塁のチャンスを作るも1番上西が初球を簡単にひっかけ投ゴロでチャンスを潰す。
しかし日体大は4回表遂に試合を動かす。
先頭の5番中田が左前安で出塁すると6番髙垣が送り1死2塁。7番大木は二ゴロに倒れるも8番馬場がセンターへの適時打を放ち1-0。先制に成功する。
その裏の桜美林大の攻撃。3回までに7奪三振と快調なピッチングを見せる松本は4回裏も2番3番を連続三振に取り簡単に2死とするが4番中村士を四球で歩かせ5番楢原に中前打を浴び、2死ながら1.2塁のピンチを迎える。この場面で6番矢後のセンターへ抜けるかという当たりをショート船山が横っ跳びの大ファインプレー。同点のピンチを救う。
5回表日体大は1番上西の内野安打、3番船山の四球でチャンスを作り4番ジョセフ5番中田に打順が回るが相手の好プレーもあり得点には繋がらない。
5回裏桜美林大は1死から前日決勝タイムリーの8番山本司が一塁線を破るヒットで出塁、9番徳田の進塁打で2死2塁のピンチ。しかし、ここは松本が1番石井を三振に取り切り抜ける。
6回表日体大は6番髙垣が四球、7番大木の犠打で1死2塁のチャンスで8番馬場が今日3本目の安打を放ち2塁走者髙垣が本塁を狙うもタッチアウト。追加点は入らない。
6回裏桜美林大の先頭打者井橋にライトへの三塁打をあび0死3塁のピンチ。3番五十嵐打ち取ったあたりだったがレフトへの適時打となり1-1の同点。
一進一退の攻防が続く。
7回表日体大は2番宮木の左前安打、4番ジョセフの左二塁打で2死2.3塁で5番中田がこの日2本目の安打で2点を勝ち越し3-1とする。
更に9回表日体大は2番宮木の二塁打、4番ジョセフの左前打で1死1.3塁とし5番中田のこの日3打点目となる左犠飛でダメ押しに成功する。
そして9回裏、この回からリリーフした吉田が
4-1で桜美林大に快勝し勝ち点を獲得した。
先発の松本航は8回を投げ被安打6、11奪三振、1失点と一昨日の試合の疲れを感じさせない見事なピッチングで早くも今季2勝目をあげた。
打線も2桁安打、中田、ジョセフがともに2安打と今シーズン初スタメンの選手の活躍が光った。

関連ギャラリー/Gallery

試合カテゴリー/Games Category

年度/Year

最新の試合結果 他/Game Result etc

5月19日(日)

筑波大 2 - 4 日体大

© Nippon Sport Science University Baseball Club