10月31日(火)

試合種別:第13回関東地区大学野球選手権大会

神奈川工科大学戦

試合カテゴリー:
試合年度:

サーティーフォー相模原球場

プレーボール:09:00〜

スコア/Score

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H
日体大 2 1 0 0 2 0 3 0 0 8 9
神奈川工科大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4

途中で切れる場合は、左右にスワイプして表示できます。

スターティングメンバー/Starting

先発投手東妻 勇輔()智辯学園和歌山高校
1 上西 嵐満()宇部鴻城高校
2 坂本 耕哉()松阪高校
3 船山 貴大()日本大学第三高校
4 DH
5 谷津 鷹明()向上高校
6 大木 惇司()東福岡高校
7 冨里 優馬()日体荏原高校
8 中村 誠()大阪桐蔭高校
9 馬場 龍星()八戸学院光星高校


メンバー詳細は選手名をクリック。
(打順/ポジション/名前)

バッテリー/Battery

東妻、森博、石川-馬場、濱村

安打/Hitting

2塁打:エドポロ、谷津

3塁打:

本塁打:中村誠(1号ソロ)

交代メンバー/Substitution

[7裏]P東妻→森博

[9裏]P森博→石川

⑧(左)中村誠→知念

⑨(捕)馬場→濱村

レポート/Report

秋季リーグ戦を優勝した日体大の次なる戦いは、明治神宮大会出場を懸けた関東大会。日体大の初戦となる2回戦の相手は神奈川大学野球リーグで2位となった神奈川工科大学との試合。その試合に日体大はリーグ戦で最高殊勲選手賞を活躍した東妻を先発に立てる。
対する工科大は、リーグ戦で防御率1位となったエース島村を起用する。その島村に対して、日体大は中村誠をスタメンに起用する。
日体大の初回の攻撃、先頭の上西がヒットで出塁すると、2番坂本が犠打で送り、3番船山4番エドポロの四死球で満塁のチャンスを作る。ここで秋季リーグ戦でベストナインを獲得した5番谷津を打席に迎える。その谷津が捉えた打球はレフトの前に落ちるかと思われたが、相手左翼手のファインプレーに阻まれ、先制できない。しかし、続くチャンスで6番大木がレフトへのタイムリーヒットを放ち、日体大が先制する。2回には、8番中村が放った打球がレフトフェンスを越え、追加点となるホームランとなり、日体大が試合を優位に進める。先発の東妻は、打線の援護に応え、3回まで出したランナーは四球によるランナーのみと完璧な投球をする。追加点を挙げたい日体大は、5回には、4番エドポロのタイムリー二塁打と5番谷津の犠牲フライで得点を挙げる。チームで作ったチャンスをクリーンアップが仕事をし、追加点を挙げた。その5回の東妻は、三者連続三振と相手に付け入るスキを与えない。結局東妻は、6回を投げ、ほとんどチャンスを与えない投球で、三振も7個奪い、後を森博人に任せる。打線の方は、7回に谷津と冨里にタイムリーが出て、相手を突き放す。リリーフした森は、ランナーを出すものの、すべてのアウトを三振で奪う快投を披露する。最終回は石川がリリーフ登板し、危なげなく抑え、日体大が大事な初戦を8ー0で勝利した。投打が噛み合い、次戦に繋がる勝利だった。

試合カテゴリー/Games Category

年度/Year

最新の試合結果 他/Game Result etc

8月12日(金)

Honda 9 - 0 日体大

© Nippon Sport Science University Baseball Club