10月14日(土)

試合種別:秋季リーグ戦

東海大学戦

試合カテゴリー:
試合年度:

浦安市運動公園野球場

プレーボール:12:00〜

スコア/Score

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H
東海大 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 5
日体大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5

途中で切れる場合は、左右にスワイプして表示できます。

スターティングメンバー/Starting

先発投手松本 航()明石商業高校
1 上西 嵐満()宇部鴻城高校
2 坂本 耕哉()松阪高校
3 谷津 鷹明()向上高校
4 DH
5 船山 貴大()日本大学第三高校
6 大木 惇司()東福岡高校
7 中田 祐貴()大宮東高校
8 髙垣 鋭次()智辯学園和歌山高校
9 馬場 龍星()八戸学院光星高校


メンバー詳細は選手名をクリック。
(打順/ポジション/名前)

バッテリー/Battery

松本航、東妻ー馬場

安打/Hitting

2塁打:

3塁打:

本塁打:

交代メンバー/Substitution

[6裏]⑧高垣→(H)肥田

[7表]⑧(H)→(三)肥田

[7裏]②坂本→(H)知念

[8表]②(H)知念→(二)佐藤渉

[8表]P松本航→東妻

[8裏]⑦中田→(H)冨里

[9表]⑦(H)→(右)冨里

{9裏]⑧肥田→(H)中村誠

[9裏]②佐藤渉→(H)齋藤

レポート/Report

既に優勝を決めている日体大は完全優勝を懸けて東海大学との2戦目を迎える。日体大の先発は松本航。東海大の先発は青島。大学日本代表でチームメートとして、日の丸を背負って戦った両投手の先発で試合は幕を開ける。その松本は、初回に三振2個を奪う投球で完璧な立ち上がり。対する日体大打線は好調の谷津を3番にあげ、青島に立ち向かう。初回、その谷津のヒットでランナーを出すが、その谷津が盗塁死となり、得点をとれない。その後は、お互いにヒットは出すものの、松本と青島による圧巻の投球で得点を挙げれず、試合は両チーム無得点で5回を終了する。6回表の東海大の攻撃、先頭の8番石塚がヒットで出塁すると、犠打でランナーを得点圏に送る。ここで迎える打者は春季リーグ戦で首位打者に輝いてる1番北岡だった。松本は、その北岡を2球で追い込んだ。その後、ボールが2球続いた後の5球目だった。北岡が放った打球は三遊間への緩いゴロとなり、三塁手高垣が好捕するも、一塁への送球がショートバウンドとなり、その送球を一塁手大木が弾く間に2塁ランナーがホームに生還。東海大が日体大の守備のミスで大きな先制点をもぎ取る。なんとか追い付きたい日体大は、6回先頭の8番高垣に代え、青島との相性が良い肥田を代打に送る。その肥田も平凡なフライに倒れ、2回以降青島からヒットどころか、ランナーすら出せない。流れを持ってきたい日体大は継投に入る。7回を投げ、被安打3自責点0と好投した松本に代え、東妻を投入する。その東妻は、チームにリズムを生むべく、ピンチは作ったものの、自慢の豪速球で相手打線をねじ伏せる。後が日体大は9回、先頭打者に代打中村誠を送る。今季出番の少なかった中村だったが、青島の速球を迷いなく振り抜き、センター前ヒットを放つ。犠打で送り、ここまで無安打の上西に託す。その上西は初球をコースに逆わらない打撃でレフト前ヒットを放ち、一死一三塁とチャンスを拡大する。ここで日体大は、代打齋藤を送り勝負を懸ける。その齋藤だったが、今季初打席に力が入ったか、ボール球に手が出てしまい、三振に倒れる。次の打者谷津を迎えたところで、東海大ベンチはここまで好投の青島に替え、変則右腕の川畑をマウンドに送る。その川畑に対し、谷津は初球からスイングを掛け、意地を見せる。しかし、その後谷津が捉えた打球は、不運にも左翼手北岡の正面へ飛び、捕球し試合終了。日体大は東海大に連敗となり、完全優勝を逃した。完全優勝は逃したが、日体大の開幕からの8連勝は見事だった。グランドとスタンドが一体となり、優勝を勝ち取った。チームの目標である大学日本一へはまだ道半ば。10月末から始まる関東大会で、日本一を争う明治神宮大会出場を懸けて、首都大学野球連盟代表として臨む。

試合カテゴリー/Games Category

年度/Year

最新の試合結果 他/Game Result etc

9月25日(日)

桜美大 1 - 6 日体大

© Nippon Sport Science University Baseball Club