9月30日(土)

試合種別:秋季リーグ戦

武蔵大学戦

試合カテゴリー:
試合年度:

バッティングパレス相石スタジアムひらつか

プレーボール:09:30〜

スコア/Score

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H
日体大 0 2 1 0 0 0 0 0 0 3 6
武蔵大 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 7

途中で切れる場合は、左右にスワイプして表示できます。

スターティングメンバー/Starting

先発投手東妻 勇輔()智辯学園和歌山高校
1 上西 嵐満()宇部鴻城高校
2 坂本 耕哉()松阪高校
3 船山 貴大()日本大学第三高校
4 DH
5 冨里 優馬()日体荏原高校
6 大木 惇司()東福岡高校
7 中田 祐貴()大宮東高校
8 髙垣 鋭次()智辯学園和歌山高校
9 馬場 龍星()八戸学院光星高校


メンバー詳細は選手名をクリック。
(打順/ポジション/名前)

バッテリー/Battery

東妻、森博ー馬場

安打/Hitting

2塁打:エドポロ2、冨里

3塁打:上西

本塁打:中田(2号ソロ)

交代メンバー/Substitution

[9裏]P東妻→森博

レポート/Report

秋季リーグ戦の第5週は昨シーズン2部リーグで優勝し、入れ替え戦も制し1部昇格した武蔵大学との試合。第1戦目は、日体大はダブルエースの一人で今季3勝を挙げている東妻が先発。武蔵大学はこちらも絶対的エースの本田が先発する。日体大は、ここまでフルイニング出場を続けていた谷津に代え、長打が売りの中田を起用し、本田攻略を目指す。試合は初回から動く。武蔵大学が東妻の立ち上がりを攻略し、長短打3本と四死球2個で2点を先制する。先制を許した日体大は、その後の2回表、先頭の4番エドポロが右中間に二塁打を放ち、チャンスメーク。投手の暴投で三塁に進むと、6番大木がレフトへの犠牲フライを放ち、一点を返す。そして、今日スタメン起用された中田を打席に迎える。その3球目、中田の打った打球は高々と上がり、そのままライトフェンスを越え、今季第2号のホームランとなる。中田が監督の起用に応える。本田を攻略し、日体大が試合を振り出しに戻す。初回以降、東妻は、調子を取り戻し、相手打線を0に抑える。勝ち越し点を奪いたい打線は、3回表1死後、1番上西が右中間への三塁打を放ち、チャンスを作る。勝ち越しのチャンスで打席に立つのは、2番坂本。日体大のベンチはここで、スクイズを選択する。ベンチのサインに坂本が見事応え、勝ち越し点を挙げる。その後は、相手エースの本田に対して、冨里、エドポロが長打を放つなど、チャンスは作ったものの追加点を挙げられず。対する東妻もランナーは出すものの、危なげい投球で8回まで投げ、最終回のマウンドを森博人に譲る。相手に先制点を与えた東妻だったが、その後は立ち直り、許した点は初回の2点のみと粘りの投球だった。最終回は、森が三者連続三振で試合を締めた。3ー2で勝利した日体大が開幕からの連勝を7とした。これで東妻は、今季4勝目となった。この試合、ヒット数は相手より少ないながらも、上位打線の活躍に小技を絡め、少ないチャンスをものにした。
その後の試合で、東海大学が筑波大学に敗れたため、明日の試合で勝利すると、日体大の3季ぶり23回目の優勝が決まる。

関連ギャラリー/Gallery

試合カテゴリー/Games Category

年度/Year

最新の試合結果 他/Game Result etc

9月25日(日)

桜美大 1 - 6 日体大

© Nippon Sport Science University Baseball Club