9月24日(日)

試合種別:秋季リーグ戦

帝京大学戦

試合カテゴリー:
試合年度:

サーティーフォー相模原球場

プレーボール:12:00〜

スコア/Score

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H
日体大 1 0 0 0 3 0 3 0 2 9 14
帝京大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4

途中で切れる場合は、左右にスワイプして表示できます。

スターティングメンバー/Starting

先発投手松本 航()明石商業高校
1 上西 嵐満()宇部鴻城高校
2 坂本 耕哉()松阪高校
3 船山 貴大()日本大学第三高校
4 DH
5 冨里 優馬()日体荏原高校
6 大木 惇司()東福岡高校
7 谷津 鷹明()向上高校
8 髙垣 鋭次()智辯学園和歌山高校
9 馬場 龍星()八戸学院光星高校


メンバー詳細は選手名をクリック。
(打順/ポジション/名前)

バッテリー/Battery

松本航、西澤、森博ー馬場、濱村

安打/Hitting

2塁打:上西(2)、坂本、船山、高垣

3塁打:

本塁打:

交代メンバー/Substitution

[8裏]P松本航→西澤

[9表]⑨馬場→(H)佐藤渉

[9裏]⑨(H)佐藤渉→(捕)濱村

[9裏]P西澤→森博

レポート/Report

開幕6連勝を懸けた秋季リーグ戦第4週は、第3週で雨の為中止となった帝京大学との2戦目が行われた。日体大はエース松本航、帝京大学もエース小倉が先発するエース対決となる。この試合、日体大は開幕から5番でスタメン出場してきた中田に代わり、副主将冨里を起用する。その采配が初回からズバリ当たる。初回、単打2本と四球を絡めてチャンスを作ると、冨里が初球を捉え、センターへの犠牲フライとなり、日体大が1点を先制する。松本航も打線の援護に応え、自慢の速球で帝京打線を全く寄せ付けず、リードを守る。追加点を取りたい打線は、毎回のようにランナーを出すも、小倉の粘りの投球が勝り、追加点を奪えない。試合が動いたのは5回、2番坂本と3番船山の連続長打で2点目を取ると、続くチャンスで4番エドポロがヒットで繋ぎ、2打席目で今シーズン初ヒットを放ってる冨里を迎える。ここで帝京大学は、エース小倉を諦め、廣畑を投入する。その廣畑は制球が定まらず、冨里に四球、大木に押し出しの死球、谷津にセンターへの犠牲フライを打たれ、日体大が一挙3点をあげ、試合を優位に進める。7回にも打線が繋がり、3点を挙げる。大量点の援護を受けた松本は、7回を投げ、出したランナーはヒットによる3人のみで三塁を踏ませない完璧な投球だった。奪三振も8個で後を今シーズン初登板西澤に託す。その西澤も、三者凡退で帝京打線を抑える完璧な投球。打線は、9回にも、試合を決める3点を挙げた。最後は森博人が試合を締め、9ー0で日体大が勝利を挙げ、開幕6連勝とした。この試合、打線が繋がり、ヒット14本を放ったが、その中でも1番上西が4安打の固め打ちでチームに攻撃の流れを生んだ。また、ベンチの起用に応え、先制打を放った冨里もチームに勢いをもたらした。投手陣も、3人合わせて被安打4と帝京打線を封じ込めた。松本航は、今日の勝ち星で、大学通算21勝目となった。
接戦を勝ち抜いてきた日体大だったが、この試合は投打が噛み合い、春季リーグ戦で優勝の帝京大学に完勝。これで、3季ぶりの23度目の優勝、2年ぶりの横浜市長杯出場に前進した日体大は来週武蔵大学と対戦する。

試合カテゴリー/Games Category

年度/Year

最新の試合結果 他/Game Result etc

9月25日(日)

桜美大 1 - 6 日体大

© Nippon Sport Science University Baseball Club