9月16日(土)

試合種別:秋季リーグ戦

帝京大学戦

試合カテゴリー:
試合年度:

牛久運動公園野球場

プレーボール:09:30〜

スコア/Score

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H
帝京大 0 1 2 0 0 0 0 0 0 3 5
日体大 0 0 0 0 3 0 0 0 1x 4 9

途中で切れる場合は、左右にスワイプして表示できます。

スターティングメンバー/Starting

先発投手東妻 勇輔()智辯学園和歌山高校
1 上西 嵐満()宇部鴻城高校
2 坂本 耕哉()松阪高校
3 船山 貴大()日本大学第三高校
4 DH
5 中田 祐貴()大宮東高校
6 大木 惇司()東福岡高校
7 谷津 鷹明()向上高校
8 髙垣 鋭次()智辯学園和歌山高校
9 馬場 龍星()八戸学院光星高校


メンバー詳細は選手名をクリック。
(打順/ポジション/名前)

バッテリー/Battery

東妻ー馬場

安打/Hitting

2塁打:坂本

3塁打:

本塁打:谷津

交代メンバー/Substitution

[5裏]⑤中田→(H)冨里

[6裏]⑤(H)冨里→(右)

レポート/Report

24年振りの開幕4連勝で単独首位に立った日体大の秋季リーグ戦第3週は、春季リーグ戦で最終週の直接対決で連敗し、優勝を献上した帝京大学と対戦。日体大は先週の試合でノーヒットノーランを達成した東妻を起用し、必勝体勢で試合に望む。帝京大学は春季リーグ戦で最高殊勲選手賞を獲得した小倉が先発する。東妻は初回、簡単に三者凡退で帝京打線を抑える。対する小倉も、先頭上西を四球で出すも低めに集める投球で後続を抑える。先制したのは帝京大学。2回、長短打2本を放ち、1点を先制する。追い付きたい日体大だったが、小倉の巧みな投球に打線は沈黙し、ヒットも出ない。打線の援護を待ちたい東妻だったが、3回に、四球でランナーを出し、春のリーグ戦でも長打を打たれている松本に速球を捉えられ、痛いツーランホームランとなってしまう。0-3のまま5回が終了すると思われた5回裏の日体大は、今シーズン絶好調谷津のライトオーバーのホームランとなる。この一撃が試合の流れを変え、日体大を活気づける。続く8番高垣の今シーズン初ヒットとなるレフト前ヒットに盗塁、1番上西のヒットで二死一・三塁で2番坂本を迎える。坂本は、3球目を捉え、右中間へのタイムリーツーベースとなり、試合を振り出しに戻す。続く船山に死球を与えたところで、帝京大学は小倉を諦め、継投に入る。一気に逆転したい日体大は二死満塁で5番中田に変え、代打冨里を送り、勝負を懸ける。その冨里だったが、セカンドゴロに倒れ、逆転のチャンスを逃し、3-3で5回を終了する。追い付いてもらった東妻は尻上がりに調子を上げ、5回~8回まで一人のランナーも出さない投球で、味方の逆転を待つ。7回には勝ち越しのチャンスを作るも、冨里がピッチャーのグラブをかすめる鋭い打球を放つが、セカンドの好プレーとなりる不運もあり、なかなか勝ち越し点を奪えない。延長戦に入ると思われた9回裏、日体大はヒット2本と犠打でサヨナラのチャンスを作る。ここで船山が、追い込まれながら打った打球はショートへのゴロとなり、ショートも本塁に送球するも、三塁ランナー馬場の足が間一髪早く、日体大のサヨナラ勝ちで試合終了。日体大は2試合連続のサヨナラ勝ちで開幕5連勝とした。この試合、東妻の先制を許しながらも、粘りの投球はさすがの投球だった。しかし、チームの重苦しい雰囲気を変えた谷津のホームラン、坂本の同点打と4年生が勝利に貢献した。これから、激しい優勝争いが佳境に入るが、4年生の意地に今後も期待したい。

関連ギャラリー/Gallery

試合カテゴリー/Games Category

年度/Year

最新の試合結果 他/Game Result etc

9月25日(日)

桜美大 1 - 6 日体大

© Nippon Sport Science University Baseball Club