5月14日(土)

試合種別:春季リーグ戦

帝京大学戦

試合カテゴリー:
試合年度:

等々力球場

プレーボール:12:30〜

スコア/Score

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H
日体大 0 1 0 0 0 1 3 0 0 5 8
帝京大 2 0 0 0 2 0 0 0 0 4 8

途中で切れる場合は、左右にスワイプして表示できます。

スターティングメンバー/Starting

先発投手矢澤 宏太(4年)藤嶺学園藤沢高校
1 相澤 利俊(3年)山梨学院高校
2 矢澤 宏太(4年)藤嶺学園藤沢高校
3 松浦 佑星(3年)富島高校
4 本間 巧真(3年)東海大学付属相模高校
5 南 大輔(2年)花咲徳栄高校
6 中島 優仁(3年)佐賀商業高校
7 小儀 純也(4年)霞ヶ浦高校
8 松本 佳高(4年)初芝立命館高校
9 打田 啓将(4年)宇部鴻城高校


メンバー詳細は選手名をクリック。
(打順/ポジション/名前)

バッテリー/Battery

矢澤、八田ー打田、高橋建

安打/Hitting

2塁打:

3塁打:本間

本塁打:

交代メンバー/Substitution

[6表] 代打ー竹田 有男(4年)熊本城北高校

[6裏] 捕手-高橋 建心(3年)桐光学園高校

[7裏] 左翼手-中妻 翔(3年)常総学院高校

[7裏] 投手-八田 歩(3年)大和高校

[9表] 代打-大塚 晃平(4年)日本大学第三高校

[9表] 代走-小吹 悠人(2年)山梨学院高校

[9裏] 代走-三塁手-小吹 悠人

控えメンバー/Backup

投手  岡田 龍生(4年)履正社高校
    川畑 大地(4年)乙訓高校
    恩田 慧吾(4年)前橋育英高校
    
捕手  櫻井 仁生(3年)愛産大三河高校

内野手 中村 航晟(4年)筑陽学園高校
    三木 彰智(4年)履正社高校
    稲本 侑星(4年)福岡大大濠高校
    重宮 涼 (3年)明石商業高校
    小松 俊章(4年)日大藤沢高校

外野手 古滝 友哉(2年)健大高崎高校

レポート/Report

2022年春季リーグ戦第10戦対帝京大学
等々力球場に場所を移して迎えた最終節。
日体大は先発、矢澤宏太(4年・藤嶺藤沢)が登板。しかし初回、2番打者にヒットでの出塁を許すと、1死1塁2塁から4番光本にタイムリーヒットを許し1点を先制される。その後バッテリーエラーに悪送球が重なり初回に2点を失う。しかし続く2回表、日体大は、小儀純也(4年・霞ヶ浦)がヒットで出塁すると、ヒットエンドランが成功しチャンスを拡大。そして、打田啓将(4年・宇部鴻城)の犠牲フライで1点を返す。
5回裏、帝京大は2死2塁から4番光本がレフトへの2ランホームランを放ち1-4と日体大を突き放す。その後の6回表、日体大は先頭の中島優仁(3年・佐賀商業)がヒットで種類すると後続がチャンスを拡大し、無死満塁から代打の竹田有男(4年・熊本城北)がレフトへの犠牲フライを放ち1点を返す。しかし後続が倒れこの回は1点のみとなる。その後のラッキーセブンの攻撃では先頭の矢澤宏太が四球で出塁するとヒットを挟んで無死1塁2塁から本間巧真(3年・東海大相模)が右中間へ2点タイムリースリーベースを放ち同点に追いつく。さらに1死満塁から #松本佳高(4年・初芝立命館)の内野ゴロで勝ち越しに成功する。
7回裏からバトンを受け取った2番手の八田歩(3年・大和)が残りの3回をランナーを背負いながらも粘りのピッチングを見せきっちりと試合を締めくくった。試合は5-4で日体大の勝利となった。

試合カテゴリー/Games Category

年度/Year

最新の試合結果 他/Game Result etc

5月28日(土)

亜細亜大 5 - 1 日体大

© Nippon Sport Science University Baseball Club