5月15日(日)

試合種別:春季リーグ戦

帝京大学戦

試合カテゴリー:
試合年度:

等々力球場

プレーボール:09:00〜

スコア/Score

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H
帝京大 0 0 3 0 3 0 0 0 0 6 7
日体大 4 3 1 0 0 2 0 0 X 10 11

途中で切れる場合は、左右にスワイプして表示できます。

スターティングメンバー/Starting

先発投手勝本 樹(4年)明石商業高校
1 相澤 利俊(3年)山梨学院高校
2 DH 矢澤 宏太(4年)藤嶺学園藤沢高校
3 松浦 佑星(3年)富島高校
4 本間 巧真(3年)東海大学付属相模高校
5 南 大輔(2年)花咲徳栄高校
6 中島 優仁(3年)佐賀商業高校
7 小儀 純也(4年)霞ヶ浦高校
8 松本 佳高(4年)初芝立命館高校
9 高橋 建心(3年)桐光学園高校


メンバー詳細は選手名をクリック。
(打順/ポジション/名前)

バッテリー/Battery

勝本、岡田龍、恩田、川畑ー高橋建

安打/Hitting

2塁打:矢澤

3塁打:

本塁打:

交代メンバー/Substitution

[3表] 投手-岡田 龍生(4年)履正社高校

[5表] 投手-恩田 慧吾(4年)前橋育英高校

[5裏] 代打-大塚 晃平(4年)日本大学第三高校

[6表] 左翼手-中妻 翔(3年)常総学院高校

[6表] 投手-川畑 大地(4年)乙訓高校

[7裏] 代打-竹田 有男(4年)熊本城北高校

[8表] 三塁手-小吹 悠人(2年)山梨学院高校

控えメンバー/Backup

投手  八田 歩 (3年)大和高校

捕手  打田 啓将(4年)宇部鴻城高校
    櫻井 仁生(3年)愛産大三河高校

内野手 中村 航晟(4年)筑陽学園高校
    三木 彰智(4年)履正社高校
    稲本 侑星(4年)福岡大大濠高校
    小松 俊章(4年)日大藤沢高校

外野手 古滝 友哉(2年)健大高崎高校

レポート/Report

2022年春季リーグ戦第11戦対帝京大学
等々力球場に場所を移して迎えた、春季リーグ戦最終日。
日体大はエース番号を背負った勝本樹(4年・明石商業)が先発。1回、2回と三者凡退で相手を抑え、チームの攻撃を勢いづけるピッチングをみせる。1回裏、先頭バッターを任された相澤利俊(3年・山梨学院)がセンター前を放ち、続く矢澤宏太(4年・藤嶺学園藤沢)、松浦佑星(3年・富島)もライト前、ピッチャーへの強襲打と、3人で1点を先制した。4番本間巧真(3年・東海大相模)、5番南大輔(2年・花咲徳栄)が四球で出塁し、この回4点を挙げた。
続く2回裏ランナー満塁とし、南大輔の走者一掃となるタイムリースリーベースで3点を追加した。
3回表、帝京大は島野の適時打や暴投がからみ3点を返され7対3となる。そしてツーアウトからピンチの場面でピッチャーが岡田龍生 (4年・履正社)に交代し三振で断ち切った。
3回裏、先頭の小儀純也 (4年・霞ヶ浦)が四球で出塁すると9番の高橋健心 (3年・桐光学園)が左安でチャンスを広げると1番相澤利俊のレフトへの犠牲フライで一点を追加し8対4としてリードを広げた。5回表からマウンドには、#恩田慧吾 (4年・前橋育英)が上がったが、4番光本の適時二塁打と続く5番岡野の本塁打で3点を返され、8対6とリードを縮められる。
しかし6回裏、先頭の高橋健心が四球で出塁すると2番矢澤宏太の右二塁打で1点を追加すると、松浦佑星が安打で続くと本間巧真の犠飛でもう1点を追加し10対6とリードを広げた。
守りでは、6回から投板している#川畑大地 (4年・乙訓)の気迫のピッチングでそのまま無失点で逃げ切り10対6で日体大の勝利となった。

試合カテゴリー/Games Category

年度/Year

最新の試合結果 他/Game Result etc

5月28日(土)

亜細亜大 5 - 1 日体大

© Nippon Sport Science University Baseball Club