4月20日(土)

試合種別:春季リーグ戦

帝京大学戦

試合カテゴリー:
試合年度:

スタジアムひらつか

プレーボール:09:30〜

スコア/Score

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H
日体大 0 0 3 1 0 0 0 0 0 4 7
帝京大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2

途中で切れる場合は、左右にスワイプして表示できます。

スターティングメンバー/Starting

先発投手吉田 大喜(4年)大冠高校
1 上西 嵐満(4年)宇部鴻城高校
2 大木 惇司(4年)東福岡高校
3 三野原 愛望(2年)東福岡高校
4 猪原 隆雅(2年)大冠高校
5 矢澤 宏太(1年)藤嶺学園藤沢高校
6 DH 小儀 純也(1年)霞ヶ浦高校
7 稲本 侑星(1年)福岡大大濠高校
8 馬場 龍星(4年)八戸学院光星高校
9 髙垣 鋭次(3年)智辯学園和歌山高校


メンバー詳細は選手名をクリック。
(打順/ポジション/名前)

バッテリー/Battery

吉田、川畑、春田ー馬場

安打/Hitting

2塁打:三野原、髙垣

3塁打:

本塁打:

交代メンバー/Substitution

【8表】⑥小儀→(H)ワラス

【8裏】(H)ワラス→(指)

P吉田→川畑

【9裏】P川畑→春田

レポート/Report

未だ勝ち点を掴めないまま迎えた帝京大学との第3戦。
両者、序盤から得点につながるチャンスを掴めずに迎えた3回表、日体大の攻撃。先頭8番馬場が中安打を放ち出塁すると、1番上西の左安打でランナーが得点圏に入り、この日初めての好機が訪れた。そんな中、2番大木が左2適時打を放ち馬場が生還。1点を先制する。
続く3番三野原が右適時打を放ちその間に上西、大木が共に生還し3-0とする。
その裏、帝京大の攻撃。日体大のピッチャー吉田は一度味方のエラーで出塁を許すものの、この回のアウト3つを三振で打ち取るピッチングを見せ、試合は4回表に入る。
一死の中、8番馬場が頭部に死球を食らい、臨時代走は稲本。9番高垣の左2安打でまたもチャンスが訪れる。ここで打順が回ってきたのは1番キャプテン上西。中犠飛で稲本が生還し1点を追加。さらに得点を広げる。
その後、吉田の出塁を一切許さない圧巻のピッチングで、7回8奪三振という結果を残してマウンドを降りる。
8回表、日体大の攻撃、二死の中6番代打ワラスが打席に立つも、三振に倒れ得点を重ねることができない。
その裏、ピッチャーは1年のルーキー川畑にバトンが託される。四球を与えるものの、味方の好守備もあり無得点に抑える。
9回裏、勝ち越したい帝京大だが、日体大のピッチャーが川畑から春田に代わり、危なげないピッチングでランナーを一人も出さず試合終了。
日体大は今季初の勝ち星を獲得することができた。

関連ギャラリー/Gallery

試合カテゴリー/Games Category

年度/Year

最新の試合結果 他/Game Result etc

6月23日(日)

日体大 1 - 2 前橋育英高

© Nippon Sport Science University Baseball Club