4月21日(日)

試合種別:春季リーグ戦

東海大学戦

試合カテゴリー:
試合年度:

スタジアムひらつか

プレーボール:10:30〜

スコア/Score

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H
東海大 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 4
日体大 3 0 0 0 0 2 0 3 8 10

途中で切れる場合は、左右にスワイプして表示できます。

スターティングメンバー/Starting

先発投手森 博人(3年)豊川高校
1 上西 嵐満(4年)宇部鴻城高校
2 大木 惇司(4年)東福岡高校
3 三野原 愛望(2年)東福岡高校
4 猪原 隆雅(2年)大冠高校
5 矢澤 宏太(1年)藤嶺学園藤沢高校
6 DH 小儀 純也(1年)霞ヶ浦高校
7 稲本 侑星(1年)福岡大大濠高校
8 馬場 龍星(4年)八戸学院光星高校
9 髙垣 鋭次(3年)智辯学園和歌山高校


メンバー詳細は選手名をクリック。
(打順/ポジション/名前)

バッテリー/Battery

森、北山ー馬場

安打/Hitting

2塁打:矢澤

3塁打:

本塁打:猪原

交代メンバー/Substitution

【5回表】 P森→北山

レポート/Report

1勝1敗で迎えた東海大学との第三戦。昨日、帝京大学から今季初の勝ち点を掴み、勢いに乗る日体大は今季初先発の森、対する東海大学はサウスポー松山の先発でゲームが始まった。日体大は初回に一死満塁のピンチを招き東海大5番杉崎の左犠飛で1点を先制される。しかしその裏すぐさま反撃に出る。1死から2番打者の大木が粘り強さを見せ四球を選ぶと、続く三野原も四球を選び流れにのると4番の猪原が左本塁打を放ち、1対3と逆転に成功する。二回以降の森は緊張も解け、本調子を取り戻しその後は走者を出しながらも無失点で抑えた。五回からは今季絶好調の北山がマウンドに上がり東海大打線に三塁を踏ませず無失点、8奪三振と圧巻のピッチングをみせた。六回には相手の失策をものにし馬場がタイムリーを放ち、貴重な追加点をもぎ取った。その後も打線が繋がり、最終的に二桁安打で8得点を挙げ相手を圧倒し東海大相手に2年ぶりの勝ち点を奪った。日体大は春季リーグ戦第3週までを終了し勝ち点2の2位と上々の滑り出し。投打ともに好調で昨春2位の武蔵大、昨秋神宮大会出場の筑波大など手強い相手の続く次戦以降も素晴らしい戦いぶりを見せてくれるだろう。

関連ギャラリー/Gallery

試合カテゴリー/Games Category

年度/Year

最新の試合結果 他/Game Result etc

8月21日(水)

名城大 - 日体大

© Nippon Sport Science University Baseball Club