4月14日(日)

試合種別:春季リーグ戦

東海大学戦

試合カテゴリー:
試合年度:

小野路球場

プレーボール:09:30〜

スコア/Score

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H
日体大 0 0 0 0 0 0 2 1 0 3 7
東海大 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 7

途中で切れる場合は、左右にスワイプして表示できます。

スターティングメンバー/Starting

先発投手北山 比呂(4年)横浜高校
1 上西 嵐満(4年)宇部鴻城高校
2 大木 惇司(4年)東福岡高校
3 三野原 愛望(2年)東福岡高校
4 猪原 隆雅(2年)大冠高校
5 矢澤 宏太(1年)藤嶺学園藤沢高校
6 DH 小儀 純也(1年)霞ヶ浦高校
7 稲本 侑星(1年)福岡大大濠高校
8 髙垣 鋭次(3年)智辯学園和歌山高校
9 馬場 龍星(4年)八戸学院光星高校


メンバー詳細は選手名をクリック。
(打順/ポジション/名前)

バッテリー/Battery

北山、森-馬場

安打/Hitting

2塁打:大木惇

3塁打:

本塁打:小林

交代メンバー/Substitution

【7表】⑧髙垣→(H)小林

【7裏】(H)小林→(遊)三木

【8裏】P北山→森

レポート/Report

昨日、惜敗を喫した東海大学との第2戦。
初回、日体大の攻撃。セカンドのエラーで2番大木が出塁し、3番三野原が右安打を放ち得点圏にランナーを出し、チャンスを掴むものの、4番猪原が三振に倒れ無得点。
その裏、日体大の先発は帝京戦を完封に抑え好調の北山。死球でランナーを背負うも、得点を許さない。
3回裏、東海大の攻撃。先頭1番千野に中前安打を打たれ、バントで進塁する。無死2塁とピンチの中バッターボックスに迎えたのは3番杉崎。右前安打を放たれ、東海大に先制点を許す。しかしその後の打者を三振に抑え0-1とする。
なんとか追いつきたい日体大だが、東海大のピッチャー山崎の好投に苦戦し、チャンスを繰り出すことができない。
そんな中、7回表、日体大の攻撃。先頭5番矢澤が左前安打で出塁し送りバントでセカンドに進む。7番稲本が左飛に終わり、二死走者二塁のチャンスで守備の要高垣に代わり代打小林が打席に入る。ライトポールを直撃する逆転決勝ツーランホームランを放った。
その裏、東海大の攻撃。好調の北山が気迫のピッチングで、得点を許さず三者凡退に抑える。
8回表、日体大の攻撃。一死から2番大木がレフト頭上を越える二塁打を放ち出塁すると、3番三野原の犠牲飛で三塁へ進む。ここで東海大のピッチャーが山﨑から小郷に代わる。4番猪原が死球で出塁しニ死走者一.三塁のチャンスで、バッターは5番矢澤。初球を暴投し、その間に大木が生還し3-1とする。
8回裏、東海大の攻撃。日体大のピッチャーが北山から森へ代わる。4番海野に内野安打を打たれ出塁を許し、三振を2つとるも、四球が重なり満塁のピンチになる。迎えるバッターは9番代打半情。フルカウントからパッドが折れる打球はニゴロに終わりこのピンチをしのいだ。
その後も森の好投で得点を許さず3-1で試合終了。
北山は7回8奪三振の好投を見せつけ勝ち星を挙げた。

関連ギャラリー/Gallery

試合カテゴリー/Games Category

年度/Year

最新の試合結果 他/Game Result etc

6月23日(日)

日体大 1 - 2 前橋育英高

© Nippon Sport Science University Baseball Club