11月02日(木)

試合種別:第13回関東地区大学野球選手権大会

創価大学戦

試合カテゴリー:
試合年度:

サーティーフォー相模原球場

プレーボール:12:30〜

スコア/Score

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H
創価大 0 0 0 0 3 0 0 0 0 3 6
日体大 2 1 1 0 1 0 0 0 X 5 9

途中で切れる場合は、左右にスワイプして表示できます。

スターティングメンバー/Starting

先発投手西澤 大()春日部共栄高校
1 上西 嵐満()宇部鴻城高校
2 坂本 耕哉()松阪高校
3 船山 貴大()日本大学第三高校
4 DH
5 谷津 鷹明()向上高校
6 大木 惇司()東福岡高校
7 冨里 優馬()日体荏原高校
8 中村 誠()大阪桐蔭高校
9 馬場 龍星()八戸学院光星高校


メンバー詳細は選手名をクリック。
(打順/ポジション/名前)

バッテリー/Battery

西澤、川井、石川、森博-馬場

安打/Hitting

2塁打:中村誠、谷津

3塁打:

本塁打:冨里(1号ソロ)

交代メンバー/Substitution

[6表]P西澤→川井

⑦(左)中村誠→知念

[7表]P川井→石川

[7裏]④(D)エドポロ→(H)肥田

[8表]P石川→森博

[8裏]②(二)坂本→(H)加藤勝

[9表]②(H)加藤勝→(二)佐藤渉

レポート/Report

昨日の試合で勝利し、明治神宮大会出場を決めた日体大は、関東大会初優勝を懸けて、東京新大学野球連盟優勝校の創価大学と対戦する。日体大は昨年の春のリーグ戦以来の先発となる副主将でもある西澤を起用する。相手は初戦から3連投となるエース杉山を先発に立てる。立ち上がりの西澤は、内野ゴロ3つとボールを低めに集める投球をする。初回日体大は、先頭の上西が3試合連続で出塁する。その後は、坂本が犠打で送る。船山が死球でチャンスを広げる。チャンスでここまで全試合で4番を打ってきたエドポロを迎える。エドポロは追い込まれながら、高めの球を叩くと、その打球がセンターに抜けるタイムリーヒットとなり、日体大が大きな先制点を挙げる。先制してもらった西澤は2回もヒットを許さず、完璧な立ち上がり。日体大は、2回8番中村誠がレフト線への二塁打を放ち、チャンスメーク。犠打でランナーを進めると、1番上西がレフトへタイムリーを放ち、3点目を挙げる。続く4回も、谷津の二塁打でチャンスを作ると、冨里にタイムリーが出て、相手を突き放し、相手のエースを引きずり下ろす。西澤は、ピンチを作りながら、0点に抑えていたが、5回ヒットと味方のエラーでランナーを溜めると、3番南がレフト線へのタイムリー二塁打と4番高のタイムリーを出て、試合は1点差になってしまう。その後のチャンスは西澤が気迫の投球を見せ、同点を許さない。西澤は5回まで投げ、先発としての役目を果たし、後を今季はリーグ戦でも登板のなかった川井に任せる。1点差に迫られた日体大は、4回以降リリーフした投手に抑えられたが、6回冨里の右中間への特大ホームランで点差を2に広げる。その後の川井、石川、森と豊富な投手陣で相手の攻撃を0に抑え、日体大が関東大会初優勝を決めた。この試合、上西が5打数4安打と1番打者としてチームを牽引した。そして、冨里もホームランを含む2打点と副主将にふさわしい活躍だった。冨里は下級生から試合に出場してきたが、監督の起用に応えられないシーズンが多かったが、関東大会の優勝が決まる大一番で仕事をした。先発の西澤も、1年ぶりの先発に奮起し、チームを勝利に導いた。関東大会優勝を果たした日体大は、日本一を懸けて明治神宮大会に臨む。

試合カテゴリー/Games Category

年度/Year

最新の試合結果 他/Game Result etc

8月12日(金)

Honda 9 - 0 日体大

© Nippon Sport Science University Baseball Club