9月03日(日)

試合種別:秋季リーグ戦

筑波大学戦

試合カテゴリー:
試合年度:

バッティングパレス相石スタジアム平塚

プレーボール:12:00〜

スコア/Score

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H
日体大 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 8
筑波大 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 6

途中で切れる場合は、左右にスワイプして表示できます。

スターティングメンバー/Starting

先発投手森 博人()豊川高校
1 上西 嵐満()宇部鴻城高校
2 坂本 耕哉()松阪高校
3 船山 貴大()日本大学第三高校
4 DH
5 中田 祐貴()大宮東高校
6 大木 惇司()東福岡高校
7 谷津 鷹明()向上高校
8 髙垣 鋭次()智辯学園和歌山高校
9 小口 丞太郎()関西中央高校


メンバー詳細は選手名をクリック。
(打順/ポジション/名前)

バッテリー/Battery

森博、松本航、石川、北山ー小口

安打/Hitting

2塁打:

3塁打:

本塁打:エドポロ、中田

交代メンバー/Substitution

[5裏]P森博→松本航

[6表]⑥大木→(H)肥田

⑧高垣→(H)木村

[6裏]⑥(H)→(三)肥田 

⑧(H)→(一)木村

[7裏]P松本航→石川

[9表]⑧木村→(H)冨里→(R)知念

[9裏]⑥(三)→(一)肥田  

(R)知念→(三)佐藤渉 

P石川→北山

レポート/Report

勝てば開幕週での勝ち点を獲得となる筑波大学との2戦目に日体大は先発投手にリーグ戦初登板初先発の森博人、キャッチャーにこちらもリーグ戦初先発となる小口を起用する思いきった選手起用を行う。対する後のない筑波大学は春に日体大から白星を挙げている中真が先発をする。初先発森を擁護したい日体大は初回から、1番上西のヒットに相手の野選と犠打を絡めチャンスを作るも4番、5番が凡退し、チャンスをものにできない。対する森は初回の筑波大学の攻撃を三者連続三振と堂々の投球で素晴らしいデビューを飾る。しかし、初回は森に手も足も出なかった筑波大学は2回にヒット2本を放ち、サード高垣の悪送球も重なりも重なり、日体大は先制点を許してしまう。追いかける日体大は中真の緩急を使う投球にチャンスすら作ることが出来ず、序盤は無得点で試合は4回に入る。4回の先頭打者、4番エドポロの放った打球はレフトポール直撃の同点ホームランとなり日体大が追いつく。また、続く5番中田の3球目を捉えた打球は打った瞬間ホームランとわかる2者連続ホームランとなり日体大一発攻勢で試合をひっくり返す。先発森は4回を投げ自責点0の素晴らしい投球で後をエース松本航に託す。その松本も連投の疲れを感じさせず、ピンチを作りながらも粘りの投球で点を与えない。追加点を取りたい日体大はチャンスを作るも、筑波大学の小刻みな継投に追加点を取れず1点差のまま試合は終盤に突入する。7回から継投した左腕石川が打者7人に対して三振5個を奪い、完璧に抑える圧巻の投球で相手に流れを渡さなかった。最後は北山が試合を締め、2対1で日体大が勝利し、開幕週の勝ち点を獲得した。投手陣とエドポロ、中田のホームランが光った試合であったが4人の投手を1年生ながらリードした小口の活躍も見逃せない。日体大は春の屈辱を果たし、良いスタートを切った。

試合カテゴリー/Games Category

年度/Year

最新の試合結果 他/Game Result etc

9月25日(日)

桜美大 1 - 6 日体大

© Nippon Sport Science University Baseball Club