10月23日(日)

試合種別:秋季リーグ戦

筑波大学戦

試合カテゴリー:
試合年度:

サーティーフォー相模原球場

プレーボール:13:00〜

スコア/Score

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H
日体大 0 1 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 5 9
筑波大 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 12

途中で切れる場合は、左右にスワイプして表示できます。

スターティングメンバー/Starting

先発投手東妻 勇輔()智辯学園和歌山高校
1 知念 佑哉()沖縄尚学高校
2 坂本 耕哉()松阪高校
3 大木 惇司()東福岡高校
4 DH 橋爪 駿()所沢商業高校
5 橋森 俊輝()高岡商業高校
6 冨里 優馬()日体荏原高校
7 谷津 鷹明()向上高校
8 寺田 琢人()藤井学園寒川高校
9 船山 貴大()日本大学第三高校


メンバー詳細は選手名をクリック。
(打順/ポジション/名前)

バッテリー/Battery

東妻、松本航、〇吉田大-寺田、濱村、馬場龍

安打/Hitting

2塁打:大木2、橋爪、冨里

3塁打:冨里

本塁打:菅沼[2号]

交代メンバー/Substitution

[4表]⑧(捕)寺田→(H)真鍋

[4裏]P東妻→松本航

⑧(H)真鍋→(捕)濱村

[7表]①(中)知念→(H)松岡京

[7裏]①(H)松岡京→(中)菅沼

[9表]⑤(左)橋森→(H)山中

⑤(H)山中→(R)前川

[9裏]⑤(R)前川→(左)

[10表]⑧(捕)濱村→(H)中山

[10裏]P松本航→吉田大

⑧(H)中山→(捕)馬場龍

レポート/Report

日本体育大学と筑波大学の3戦目
筑波大は1回裏三連打で無死満塁のチャンスを作るも四番種子島が一塁ゴロ、五番竹田六番松谷が連続三振に倒れ無得点。
日体大は2回表六番冨里の三塁打でチャンスを作り七番寺田の遊撃内野安打の間に一点を先制し1-0。
2回裏筑波大は連続死球と犠打で一死二三塁から一番楠本の左前適時打で二点を奪い1-2と逆転。
三回面日体大は一死から三番大木四番橋爪の連続二塁打で1点を返すし同点に追いつくと更に六番冨里が左二塁打を放ち3-2と逆転に成功する。
しかし先発の東妻がピリッとしない。
3回裏この回も先頭に四球を許すと連続犠打で二死ながらランナー三塁とされ八番佐藤史龍に中越三塁打を浴び3-3と同点に追いつかれる。
その後、筑波大学先発の大場、4回からリリーフ登板の日体大松本航の好投で両チームゼロ更新。
両チームなかなかチャンスが作れない中9回裏筑波大は先頭楠本が右前打、更に犠打と敵失、右安で一死満塁とサヨナラのチャンスも竹田が遊撃併殺打に倒れる。
4回以降無安打に抑えられていた日体大は11回表一死から大木がこの日二本目の二塁打、続く橋爪が四球で出塁、代走から五番に入った前川は中直に倒れるも冨里が内野安打で繋ぎ二死満塁で七番谷津を迎えるも二ゴロに倒れ無得点。
12回表日体大は一死から九番船山が四球で出塁すると続く守備から一番に入った菅沼が大場の甘く入った変化球を捉え場外と消える左越え二点本塁打で5-3と勝ち越し。
12回裏を10回からマウンドに上がった吉田大が3人でピシャリとしめ勝利。
このチームでの最後の試合を劇的な勝利で飾った。

関連ギャラリー/Gallery

試合カテゴリー/Games Category

年度/Year

最新の試合結果 他/Game Result etc

11月07日(月)

上武大 6 - 1 日体大

© Nippon Sport Science University Baseball Club