春季リーグ戦抱負③

公開日:2017年3月21日

カテゴリー:

 

新4年生による春季リーグ戦に向けての抱負、3日目はこの3人です!

 

 

 

肥田 直斗(内野手・上宮太子)

 大学野球最後の春季リーグ戦となりました。昨年はリーグ戦を優勝し全日本大学野球選手権大会に出場したものの、1回戦で敗退してしまい、個人としてもずっと1番を打たせていただいていたものの、不甲斐ない結果でチームの役に立てなかったので、今年こそはチームの軸となります。個人の結果もそうですが、チームが勝つことを第一に考え目標である大学日本一に貢献できるよう全力を尽くします。

 

 

 

宇津木 巧(学生コーチ・坂戸西)

 ピッチャー陣の学生コーチとして、リーグ戦でピッチャーが最大限の力を出せるように日常からサポートしていきたいです。特にリーグ戦期間中において最も重要視しなければならないことであるコンディショニング管理をしっかりと行います。日常生活の中から選手の状態を常に把握し、各選手に合ったサポートを心がけます。また、リーグ戦メンバー以外の強化にも積極的に取り組むことでチーム力の向上に繋がれば良いと考えます。

 

 

 

有明 大志郎(学生コーチ・高島)

 小学生から野球をしてきて、部員として野球に関わるのは最後の1年となり、日本一を目指せるのも最後のチャンスです。2年生からリサーチとしてチームに携わらせてもらい、多くのことを学びました。先輩方に教えてもらったことを生かして、最高の仲間と日本一になれるよう、自分にできることを一生懸命やりたいと思います。

 

 

続きは明日の春季リーグ戦抱負④に掲載いたします!

 

 

ニュースカテゴリー/News Category

最新の試合結果 他/Game Result etc

10月23日(土)

日体大 3 - 4 東海大

© Nippon Sport Science University Baseball Club