10月22日(土)

試合種別:A戦

桜美林大学戦

試合カテゴリー:
試合年度:

等々力球場

プレーボール:13:00〜

スコア/Score

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H
日体大 0 0 0 0 0 0 0 1 0 3 4 11
桜美大 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 5

途中で切れる場合は、左右にスワイプして表示できます。

スターティングメンバー/Starting

先発投手矢澤 宏太(4年)藤嶺学園藤沢高校
1 松浦 佑星(3年)富島高校
2 本間 巧真(3年)東海大学付属相模高校
3 南 大輔(2年)花咲徳栄高校
4 DH 門馬 功(1年)東海大相模高校
5 松本 佳高(4年)初芝立命館高校
6 相澤 利俊(3年)山梨学院高校
7 田邊 広大(1年)常総学院高校
8 稲本 侑星(4年)福岡大大濠高校
9 小吹 悠人(2年)山梨学院高校


メンバー詳細は選手名をクリック。
(打順/ポジション/名前)

バッテリー/Battery

矢澤、箱山優ー田邊

安打/Hitting

2塁打:門馬、南

3塁打:

本塁打:

交代メンバー/Substitution

[7表] 代走-中妻 翔(3年)常総学院高校

[7裏] 三塁手-三木 彰智(4年)履正社高校

[11表] 代打-黒川 怜遠(1年)星陵高校

[11表] 代走-古滝 友哉(2年)健大高崎高校

[11裏] 捕手-高橋 建心(3年)桐光学園高校

[11裏] 代走-DH-古滝 友哉

[11裏] 投手-箱山 優(2年)日体大柏高校

控えメンバー/Backup

投手  岡田 龍生(4年)履正社高校
    恩田 慧吾(4年)前橋育英高校
    勝本 樹 (4年)明石商業高校
    相馬 綾太(2年)志学館高校


内野手 打田 啓将(4年)宇部鴻城高校
    小松 俊章(4年)日大藤沢
    竹田 有男(4年)熊本城北高校
    伊東 大佑(3年)静清高校
     


外野手 森田 空 (1年)智辯学園高校

レポート/Report

2022年秋季リーグ戦第12戦対桜美林大学
勝てば優勝となる今リーグ最終戦。
日体大のマウンドには先日、日本ハムから一位指名を受けた矢澤宏太(4年・藤嶺藤沢)が上がる。
試合は前半どちらも譲らず0-0で5回を終える。
7回表、1死から稲本侑星(3年・福岡大大濠)がヒットで出塁し、2死2塁のチャンスを作るもあと一本が出ず無得点に終わる。
続く8回表、先頭の本間巧真(3年・東海大相模)ヒットで出塁するとスチールを決め、無死2塁から南大輔(2年・花咲徳栄)のタイムリーで均衡を打ち破り1点を先制する。
矢澤は9回まで力投を見せるが、9回裏先頭にヒットを許すと1死3塁からバッテリーミスで同点となる。しかしその後しのぎ延長に突入する。
10回表、タイブレーク先頭、本間巧真(4年・東海大相模)のバスターが成功するも、後続が続かず無得点に終わる。
その裏、矢澤も粘りのピッチングを見せ、1-1のまま11回に突入する。
11回表、バント成功、無死満塁から三木彰智(4年・履正社)のタイムリー内野安打、小吹悠人(2年・山梨学院)の内野ゴロ、バッテリーミスで3点獲得し、4-1とする。
その裏、マウンドには箱山優(2年・日体大柏)があがる。箱山はこの回を無失点に抑え、試合は4-1で日体大の勝利となり、25回目の首都大学リーグの優勝を決め、日体大は歓喜の渦に包まれた。

※連盟規定により10回からタイブレーク

試合カテゴリー/Games Category

年度/Year

最新の試合結果 他/Game Result etc

11月07日(月)

上武大 6 - 1 日体大

© Nippon Sport Science University Baseball Club