4月01日(土)

試合種別:A戦

明治学院大学戦

試合カテゴリー:
試合年度:

バッティングパレス相石スタジアムひらつか

プレーボール:09:00〜

スコア/Score

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H
日体大 2 0 2 0 0 1 0 0 1 6 5
明学大 1 0 2 0 0 0 0 0 0 3 10

途中で切れる場合は、左右にスワイプして表示できます。

スターティングメンバー/Starting

先発投手八田 歩()県立大和高校
1 松浦 佑星()富島高校
2 中妻 翔()常総学院高校
3 黒川 怜遠(3年)星稜高校
4 南 大輔(4年)花咲徳栄高校
5 本間 巧真()東海大学付属相模高校
6 DH 重宮 涼()明石商業高校
7 中島 優仁()佐賀商業高校
8 山下 航汰(4年)京都外大西高校
9 相澤 利俊()山梨学院高校


メンバー詳細は選手名をクリック。
(打順/ポジション/名前)

バッテリー/Battery

八田、伊藤大、寺西、箱山ー山下

安打/Hitting

2塁打:相澤

3塁打:重宮

本塁打:重宮

交代メンバー/Substitution

[3表] 投手ー伊藤 大稀 (2年) 智辯学園和歌山高校

[3裏] 左翼手ー古滝 友哉 (3年) 健大高崎高校

[4表] 投手ー寺西 成騎 (3年) 星稜高校

[9表] 投手ー箱山 優 (3年) 日体大柏高校

控えメンバー/Backup

投手  溝尾 海陸(4年)明石商業高校
    酒井 海央(4年)京都国際高校
    飯島 大斗(3年)中京大中京高校

捕手  高橋 建心(4年)桐光学園高校
    田邊 広大(2年)常総学院高校

内野手 小吹 悠人(3年)山梨学院高校
    黒澤 孟朗(3年)国士館高校
    門馬 功 (2年)東海大相模高校
    鈴木 斗偉(1年)山梨学院高校

外野手 岩田 一真(2年)東海大菅生高校
    酒井 成真(1年)東海大菅生高校

レポート/Report

2023年春季リーグ戦開幕戦
初回、四球などでツーアウト満塁のチャンスを作り6番の重宮(#明石商業)のレフトへの2点タイムリーヒットで先制。その後も、四球などで満塁のチャンスを作るが得点にはならず。一回裏、明治学院大学の攻撃、日体大の先発投手は八田(#大和)。先頭の山崎をライトへのヒットで出塁を許すと、送りバントやヒットなどでツーアウト1.3塁とされ、5番斎藤にレフトへのタイムリーヒットで1点を返される。3回表、先頭の黒川(#星稜)が死球で出塁すると、バッテリーエラーなどでツーアウト2塁とし、重宮の右中間へのタイムリースリーベース、続く中島(#佐賀商業)のセンターへのタイムリーヒットで、2点を挙げ3点差とゲームをリードする。しかしその裏の攻撃、ツーアウトランナー1塁の場面で、明治学院大学4番の小澤を迎えると、ライトへの高く上がった打球が2ランホームランとなり、再び1点差となる。尚も連打でツーアウトランナー1.3塁となったところで、投手八田から伊藤大(#智辯学園和歌山)に代わる。伊藤大はツーアウトランナー1.3塁のピンチをセカンドゴロに打ち取り、ピンチを凌ぐ。5回裏、マウンドには寺西(#星稜)が上がり、上位打線を3人をピシャリと抑える。6回の表、ワンナウトから重宮のこの日3本目となるヒットがレフトスタンドへのホームランとなり、2点差とする。その後は両者ランナーが出るも点が入らないまま8回裏までが終了する。9回表、四球や相手のエラーなどでワンナウト3塁とすると、9番相澤(#山梨学院)のショートゴロが相手のエラーを誘い、追加点を挙げる。9回裏のマウンドには好投を見せた寺西に代わり、箱山(#日体大柏)がマウンドに上がる。ランナーは出したものの無失点に抑え試合終了。日体大は開幕戦を勝利で飾った。

関連ギャラリー/Gallery

試合カテゴリー/Games Category

年度/Year

最新の試合結果 他/Game Result etc

7月13日(土)

慶應義塾 7 - 5 日体大

© Nippon Sport Science University Baseball Club